ナース

突発性難聴に注意を|文字通りの怖い病気!

進む高齢化社会

笑顔のシニア

補聴器の役割は、難聴の人、聴力の低下した人の「聞こえる」ための機能を補う事が目的の機器になります。補聴器は入って来る音を大きくして伝えるものですが、入る音を聞きやすいように加工をする機能も持っています。仕組みとしては、マイクで集音した音をアンプで増幅してスピーカーで音を発生させるのが説明になります。補聴器は小さい機器で高感度で高機能なものが必要になります。アンプでは入って来る音を、すべて増幅するのではなく、雑音や騒音などを考慮し、必要に応じて音の強弱を行い、快適に使えるように考えられています。スピーカーも極小な物が必要で、これも高性能で高機能なものが求められます。電源は主にボタン電池が使われ、寿命などは変わってきます。

補聴器の種類や選び方ですが、価格や形、機能など様々なものがあります。選び方としては予算や特徴、用途などを考慮することが大事になります。アナログ補聴器の時代では、いろいろな音をすべて増幅してしまい聞き取りにくい状態でした。デジタル補聴器の登場で音の処理が細かくできるようになり、自然な音に近いようになりました。また、使う人に合わせて調整が可能になったことで快適に使えるようにもなりました。補聴器の選び方ですが、価格では数万円から数十万円と幅があります。これは、機器の価格とその人に合った調整をする技術料が含まれています。選び方の目安では耐用年数も重要です。毎日使うものなので、数年で壊れるようなものではなく、10年以上使えるようなものを選ぶようにするといいでしょう。現在では聴力の変化に対応できる機器もあるようです。