ナース

突発性難聴に注意を|文字通りの怖い病気!

耳鼻科での検査が必要

ウーマン

聴力が回復します

様々な理由により外部の音を聞き取る能力が衰えてしまうのが難聴です。この難聴には鼓膜や外耳道などに傷がつくことによって生じる外傷性の難聴や突発性難聴や老人性難聴のような器質的なものを原因とする場合に分けることができます。難聴の症状は耳鼻科で治療をすれば改善されるケースも少なくありませんが、老人性難聴のように加齢を原因とする場合には治療による改善は困難です。しかし難聴になった場合でも補聴器を使用すればほとんどのケースで日常生活に不自由を感じないほどまでに聞きとることができるようになります。この補聴器は専門店などで相談すれば購入することが可能です。しかし補聴器を使用するには聴力検査によって詳しく症状を調べる必要があります。聴力が衰えて音が聴き取りづらくなったかたは、まずは耳鼻科で診察を受けるようにしましょう。

調整しながら使用します

補聴器は医療器具の一つと位置付けられているので、使用の際には詳しい聴力検査や調整が必要となります。耳鼻科で行われる聴力検査ではどの音が聴き取りづらくなっているのかを専用の機器を用いて測定することになります。聴力検査によって聴き取れない音の周波数を確認した後は、その検査結果に基づき補聴器の種類を選ぶようにします。補聴器の使い始めはうまく音を聞き取ることができない場合もあります。そのような場合は専門店や耳鼻科と協力して補聴器の調整を行いながら最適なバランスを見つける作業を繰り返し行います。このようなバランス調整を続けることで次第に補聴器が自分に合ったものとなるので、聞き取りにくい場合でも焦らずに調整を続けることが大切です。