女医

突発性難聴に注意を|文字通りの怖い病気!

難聴が予期せず起こります

男性

内耳の不具合が原因です

体が疲れていたり、風邪をひいたりすると難聴になったり耳鳴りが起こる場合があります。突発性難聴は日頃の体調不良が引き金になり、ある日突然に難聴が起こります。ほとんどの場合片耳にのみ生じますが、耳鳴りやめまいを生じさせることもあります。突発性難聴の主な原因の一つに内耳のリンパ液の流れが悪くなったり、周辺の血流障害が起こります。また、内耳がウィルスに感染して発症する場合もあり、抗ウィルス薬が効果的な治療法になります。突発性難聴の治療には薬物療法が行なわれる場合が一般的です。血管拡張剤や血流改善薬を用いて、内耳周辺のリンパや血液の流れを改善させることで修復していきます。内耳のリンパ液が漏れることで起こる場合もあり、さまざまな原因が考えられます。

腫瘍が原因の時があります

突発性難聴は内耳の障害が原因の一つですが、内耳から脳へ聴力を伝える聴神経の不具合いから起こることがあります。聴神経は蝸牛神経や前庭神経から構築されており、これらの神経に腫瘍ができる事で情報がうまく伝達できなくなったり、周辺の器官を圧迫して体に別の症状を発症させます。例えば、顔面神経を圧迫すると顔が痺れたり、三半規管に悪影響を与えるとめまいを併発させます。突発性難聴により耳以外の不具合が生じる事を把握しておきましょう。聴神経腫瘍ができる場所によっては脳へ影響を与えるため、病院へ行き、摘出や放射線治療を行う必要があります。CTやMRIなど、画像検査により腫瘍の大きさや場所を特定し、医師と相談しながら治療方針を定めていきましょう。

鼻水が続く時には

耳

長く続いてしまう鼻水は、鼻の病気によるケースがあります。もし、そんな症状で辛いのならば新宿の耳鼻科に行ってみると良いでしょう。スムーズに症状に合った治療をしてくれるため、快適な鼻通りを取り戻しやすくなります。

もっと読む

耳鼻科での検査が必要

ウーマン

難聴によって音が聴き取りづらくなった場合でも補聴器を使用すればよく音が聞こえるようにすることができます。補聴器の使用は医療器具なので耳鼻科での検査が必要です。補聴器は耳鼻科での検査結果に基づき購入します。調整機能も付いているので自分に合うようにバランスを改善しながら使用感を向上させることができます。

もっと読む

進む高齢化社会

笑顔のシニア

補聴器の選び方では、価格は重要な要素になります。機能や耐用年数、セッティング技術などにより高価なものになります。生活の質を落とさないことなど様々な影響を考えて、自分に合った補聴器を選ぶことが良いと思います。

もっと読む